ハイスペック男子と出会えるマッチングアプリ 編集部オススメ8選!! 遊び目的/怪しい嘘の見極め方も解説 | ハイステータスパーティー 婚活・街コン ワンランク上の出会い『ENCOUNTER PARTY』
ハイスぺ恋愛コラムTOP > ハイスペック男子と出会えるマッチングアプリ 編集部オススメ8選!! 遊び目的/怪しい嘘の見極め方も解説

ハイスペック男子と出会えるマッチングアプリ 編集部オススメ8選!! 遊び目的/怪しい嘘の見極め方も解説

# # # # # #

ハイスペック男子と出会いたい!」と思っている女性は多いでしょう。
しかし、普段の生活では、ハイスペックな男性と出会う機会はあまりありません。

そんなときは、ハイスペック男子が多く集まっているマッチングアプリを利用するのがオススメです。ハイスペック向けのマッチングアプリには、想像以上に高学歴・高収入のハイスペ男性ユーザーが集まっています。

今回は、

  • 編集部オススメの「ハイスペック男子がいるマッチングアプリ」
  • アプリにいる怪しいハイスペ男・嘘の見極め方
  • 遊び目的のハイスペ男を見抜く方法

について解説します。

ハイスペックな男性ユーザーとの出会いを探している女性は、ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリ【種類別】2021年9月度 ランキング形式
恋活アプリ 婚活アプリ ハイスペアプリ
no.1 ペアーズ Omiai Dine
no.2 イヴイヴ match.com いきなりデート
no.3 With ユーブライド 東カレデート
no.4 タップル誕生 マリッシュ フェリ恋
no.5 Ravit ブライダルネット Paycute
no.6 ペアフル ペアーズエンゲージメント バチェラーデート
遊びたいアプリ 出会い系アプリ パパ活アプリ
no.1 CROSSME ワクワクメール シュガーダディ
no.2 Poiboy pcmax PATERS
no.3 TINDER ハッピーメール PADDDY67
no.4 aocca イククル ラブアン
no.5 Mory Jメール PJ
no.6 flip YYC Drossy

ハイスペック男子と出会うマッチングアプリ 編集部オススメ4選

さっそくですが、オススメのハイスペック男子と出会えるマッチングアプリについて紹介します。
ハイスペック向けのマッチングアプリはさまざま存在しますが、中には「ハイスペックな男性ユーザーが実は大して多くない」というものも少なくありません。

そんな中でも、以下のアプリは人気のハイスペックユーザー向けのマッチングアプリで、オススメとなっています。

  • フェリ恋
  • 東カレデート
  • PayCute(ペイキュート)
  • Dine(ダイン)

上記のハイスペックマッチングアプリなら、ハイスペックな男性ユーザーとの出会いが期待できます。
まずは、登録だけでもしておくのがよいでしょう。
それぞれのハイスペックマッチングアプリについて下記では詳しく解説するので、参考としてください。

男性ユーザーの企業ランクをチェックできる「フェリ恋」 その①

フェリ恋

フェリ恋-“エリート会社員こそ最強” 新感覚アプリ 株式会社フェリーチェ

「フェリ恋」は、最近になって人気が急上昇している、ハイスペック向けのマッチングアプリです。
フェリ恋は「企業名で男性ユーザーをランク分けする」という、かなり大胆なシステムを取り入れています。
具体的には男性ユーザーの勤めている企業を「神・SS・A・・」といった形でランキングにしているのです。

たとえばSSランクは「電通」や「博報堂」など、女性なら誰もが憧れるような企業が振り分けられています。
神ランクになると、「ゴールドマンサックス」や「Google」など、世界中に知られている企業名が出てきます。

もちろん、男性ユーザーごとのランクは、プロフィールで表示されており、すぐに分かる仕組みです。
これなら、一流企業で働いているハイスペックな男性ユーザーとスムーズに出会えるでしょう。

企業ランクは、ものすごく役立つ仕組みなのですが、あまりにも大胆すぎてリリース当初は批判されることもありました。
しかし、そうはいっても「どこの企業に勤めているか?」というのは、ハイスペックを求める女性には重要なことですよね。
こういった背景もあり、フェリ恋は人気と注目を集めています。

「有名な会社で働いている人がいいな」と思っている人は、ぜひインストールしておきましょう。

ちなみにフェリ恋は、「恋愛四季報」というもので企業をランク分けしています。
これは女性ユーザーの口コミなどを参考に、企業を評価して、「神」や「SS」といった形でランキングしたものです。
恋愛四季報は、単純に読み物として面白いので、こちらも是非チェックしてみましょう。

 

ハイクラスな出会いを提供する「PayCute(ペイキュート)」 その②

PayCute(ペイキュート)- 未来へつなぐマッチングアプリ PayCute, Inc.

PayCute(ペイキュート)も、かなりオススメできるマッチングアプリです。
PayCuteは「ハイクラスな男性」と「自分を磨き続けている女性」を結びつける、というテーマのサービス。
つまり、ハイスペ男性と美人向けのマッチングアプリだというわけですね。

まだ比較的新しいサービスですが、最近は会員が急増中。
PayCuteは集客やマーケティングに力を入れており、ハイスペックな男性ユーザーが次々と集まっています。

さらにPayCuteには、「会いたい機能」というものがあります。
これは、エリアごとで、デートできる男性ユーザーを募集する機能です。
「会いたい機能」を利用すれば、ドタキャンなどで揉めることもなく、ハイスペックな男性ユーザーとの出会いをスムーズに楽しめます。
もちろん男性ユーザーも「会いたい機能」で募集を出しているので、そこに応募することも可能です。

また「プロフィール写真でははっきり顔を見せないといけない」というルールがあるのも特徴。
「会ってみたら思っていたのと違った」というようなケースは、かなり減らせるはずです。

実はPayCuteは、ハイスペック向けマッチングアプリの中では、まだ会員数が成長中のサービス。
今のうちなら、ライバルの女性ユーザーにハイスペックな男性ユーザーを横取りされることも少ないでしょう。
ぜひ一度、早いうちにPayCuteも使ってみてください。

スピーディーにデートを楽しめる「Dine(ダイン)」 その③

DINE

Dine(ダイン):恋活・婚活マッチングアプリ Mrk&Co

Dine(ダイン)は、スピーディーにデートを楽しめるハイスペック向けマッチングアプリです。
DIneの特徴的なポイントは、なんといっても「メッセージのやりとりをしなくても、すぐにデートを実現できる」ということ。

普通のマッチングアプリでは、マッチングしたらまずはメッセージで仲良くなる必要があります。
しかしDineでは「マッチングする=デートの約束」という形になっています。
メッセージのやりとりをすっ飛ばして、ハイスペックな男性ユーザーとデートが実現できるわけですね。

さらにDineでは、デートの日程を自動調整するシステムもあります。
そして、デートの行き先となるお店も、Dineが予約してくれる仕組みです。
つまり、自分は希望した時間に、お店へ行くだけでOK。
たったこれだけで、ハイスペックな男性ユーザーと、ステキなデートを楽しめます。

また、「Dine Tonight」という機能があるのも特徴です。
Dine Tonightとは、「今日の夜に会えるお相手を探す」という機能。
ふと、「今日はハイスペックな男性ユーザーと会いたいな」と思ったときは、Dine Tonightで簡単にお相手を探すことが可能です。

スピーディーにデートを楽しみたい人は、ぜひDineは使っておきましょう。

ハイスペック向けと言えば「東カレデート」 その④

東カレデート

ハイスペックにオススメできるマッチングアプリといえば、やはり東カレデートは外せません。
今のところ、ハイスペック向けのサービスと言えば、東カレデートが一番人気です。

東カレデートには、入会時に審査があります。
男性ユーザーの審査はそれなりに厳しく、本当にハイスペックな人しか残らないのが特徴です。
だから、東カレデートには、微妙なスペックの人がいないわけですね。

実際、東カレデートには、スペックの高い人がたくさんいます。
たとえば、

年収1,000万円以上稼いでいる人
役員や幹部として働いている人
弁護士・税理士として働いている人

などです。
トップクラスになると、年収×××万円くらい稼いでいる人も。

ちなみに、東カレデートの男性ユーザーの年収は、以下のように発表されています。

年収/割合

  • 1.000万円以上  46%
  • 750万円〜1,000万円  35%
  • 500万円〜750万円  17%
  • 500万円以下  2%

なんと、二人に一人くらいは年収1,000万円以上を稼いでいます。
これなら、ハイスペックな男性ユーザーと出会えそうだと感じるのではないでしょうか?

ちなみに男性ユーザーの卒業した大学については、

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 一橋大学

などが挙げられています。

というように東カレデートには、年収や学歴、あらゆる意味でハイスペックな男性ユーザーがたくさん登録しています。
ハイスペック向けマッチングアプリを利用するなら、東カレデートはかならずインストールしておきましょう。

ちなみに、東カレデートでは女性ユーザーにも入会審査があります。
ただし男性ユーザーの審査とは違って、そこまでは厳しくありません。東カレデートの詳しい審査基準に関しては以下記事を参照下さい。

【難関を突破】「東カレデートの入会審査」通過率はどれ位?時間は?
【難関を突破】「東カレデートの入会審査」通過率はどれ位?時間は?
「アッパー層」(ハイスペックな男女)のために作られたマッチングアプリ「東カレデート」 美人の女性や、高年収を稼ぎ出すハイスペな男性がたくさん登録している、たいへん魅力的なマッチングアプリです。 しかし…
続きを読む

ハイスペック男と出会うならパパ活アプリも有? おすすめ4選

ここまで、オススメのハイスペックマッチングアプリについて解説しました。
上記のサービスを利用すれば、ハイスペックな男性ユーザーとの出会いを楽しめるでしょう。

また、実はパパ活系マッチングアプリも、ハイスペックな男性ユーザーと出会ううえでたいへん有効的です。
特に以下のようなパパ活アプリは人気で登録している男女ユーザー数もかなりの人数います。

  • SugarDaddy(シュガーダディ)
  • Paters(ペイターズ)
  • Paddy67(パディロクナナ)
  • Love&(ラブアン)

それぞれのパパ活アプリについて詳しく解説するので、参考としてください。

SugarDaddy(シュガーダディ) その①

SugarDaddy/シュガーダディ ワンランク上の上質な出会いを CynapusConsulting.Inc 公式サイト

パパ活アプリといえば、やはり SugarDaddy (シュガーダディ)は外せません。
SugarDaddy は、パパ活系マッチングアプリ業界で、もっとも人気が高いサービスのひとつです。
パパ活をやったことがない女性でも、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

Sugardaddyは有名なパパ活アプリなので、男性はハイスペックなユーザーが多く集まっています。

有名企業で働いている人だけではなく、会社経営者/オーナーや医師も多く登録しています。

機能としては「出張検索」や「掲示板」が便利。
これらは、自分がデートしたいと思っている日付で会えるお相手を探すことが可能な機能です。
うまくやれば、その日中に会えるハイスペックな男性ユーザーを見つけられることも。

さらに、SugarDaddyは男性ユーザーの利用料金がパパ活サイトの中では比較的安い、という特徴も持っています。
つまり男性ユーザー側も利用しやすいので、続々と会員が増えていくわけですね。

ハイスペックな男性ユーザーを探すなら、 SugarDaddy に登録しておくのもオススメです。

もうひとつの定番アプリ、Paters(ペイターズ) その②

PATERS(ペイターズ)

出会いはペイターズ-会いたいを繋ぐ出逢いマッチングアプリ- SK Group Co.,Ltd. apple-logo android-logo

パパ活アプリなら、 Paters (ペイターズ)も有名なサービスです。
名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

Paters (ペイターズ)は、なんと男女合わせて100万人以上が登録している人気のサービスです。
今のところ、会員数についてはパパ活系マッチングアプリではナンバーワンだと言えます。
これだけの会員数がいれば、よりハイスペックな男性ユーザーと出会いやすくなるでしょう。

機能としては、「ジャンル別マッチング機能」が便利です。
ジャンル別マッチングとは、デートの目的を基準にして、お相手を探せる機能。
たとえば、

  • 食事
  • お茶
  • 映画

などを指定して、相手を探すことが可能です。

ちなみにPatersでは、ユーザーがとても活発に活動しています。
ユーザーのうち97%が、登録してから24時間以内に一度はマッチングするという盛り上がり。
なんと、今まで1億2,000万回のマッチング実績ががあります。

ハイスペックな男性ユーザーを探すため、インストールだけでもしておきましょう。

ちなみにアプリとしてもよくできていて、ものすごく使いやすいという特徴もあります。
システムや機能もシンプルなので、あまり困ることもありません。
Paters をインストールしておけば、サクサクとハイスペックな男性ユーザーを探せるでしょう。

ハイスペがとにかく多い、Paddy67(パディロクナナ) その③

PADDY67

また、Paddy67(パディロクナナ)もかなりオススメできるパパ活系マッチングアプリです。

Paddy67の魅力は、とにかくハイスペックな男性ユーザーが多いこと。
なんと、男性ユーザーのうち30%が、会社経営者、役員として働いています。

さらに医師として働いている人も30%います。
もちろん、有名企業で働いている男性ユーザーも多数おり、とにかくスペックの高さが魅力的です。
じょうずに自分自身をアピールすれば、多くのハイスペックな男性ユーザーと出会える可能性があります。

ちなみにPaddy67は、今まで100万回以上インストールされてきた、とても人気の高いパパ活系マッチングアプリです。
現在は会員数が20万人を超えており、現在も増え続けています。

ぜひ一度Paddy67をインストールして、どれくらいハイスペックな男性ユーザーがいるのか、チェックすることをおすすめします。

パパ活アプリPaddy67(パディロクナナ)の評判口コミは?使い方【完全解説】
パパ活アプリPaddy67(パディロクナナ)の評判口コミは?使い方【完全解説】
Paddy67(パディ67)は、パパ活で出会いを求めてる人にとってマストとも言えるマッチングアプリです。 普段の生活では出会うことのない 若くて美人・可愛い・アクティブな女性ユーザー 年収何千万円も稼…
続きを読む

オンライン動画サービスが豊富なLove&(ラブアン) その④

ラブアン

Love(ラブアン)-夢を叶えるマッチングサービス- 株式会社Blueborn 女性 男性

さらに、Love&(ラブアン)もオススメできるパパ活系マッチングアプリです。

Love&(ラブアン)の特徴は、なんと言ってもオンライン動画サービスが充実していること。
Love&(ラブアン)では、プロフィールに自己紹介動画を掲載することが可能です。
自己紹介動画によってかんたんな挨拶をするなどして、自分自身をより正確に伝えられます。

また、オンライン動画をつないで、男性ユーザーとビデオチャットすることも可能です。

ビデオデートなら、メッセージと比較してもっと深いコミュニケーションを取れるでしょう。
もちろん、普通のメッセージ機能は用意されているので、安心してください。

さらには、会う前にどんな人なのか、ある程度知ることも可能です。また、「こんなデートがしたい!」といった事もスムーズに行なえます。
このようにオンライン動画を幅広く利用できるパパ活系マッチングアプリは、他にはあまりありません。

会員数はあまり多くありませんが、「強力なライバルの女の子が、まだ入ってきていない」ということでもあります。
今のうちにLove&(ラブアン)をインストールして、ハイスペックな男性ユーザーを独り占めしましょう。

アプリ内にいる怪しいハイスペ男「嘘はこれで見極める!」

ここまで、ハイスペックな男性ユーザーと出会える、さまざまなマッチングアプリをオススメしてきました。
上記のマッチングアプリをいくつかインストールしておけば、ハイスペックな男性との出会いを楽しめるはずです。

ただし、残念ながらマッチングアプリには、俗に言う「怪しいハイスペ男」も存在します。
特に自分の情報について嘘をついていて、だまそうとしている人は意外と多いものです。
ちゃんと嘘を見抜けるようにしておかないと、騙されてしまうかかもしれません。

以下のようなポイントをおさえて、怪しいハイスペ男の嘘を見抜けるようにしておきましょう。

年収や職業を盛っていないかチェック

まず、年収や職業を盛っていないかチェックするクセをつけておきましょう。
残念ながらハイスペック向けマッチングアプリには、年収や職業を盛っている人もいます。

年収や職業の盛り方は、本当にさまざまです。
まだ許せる範囲でいえば「職業名を少し聞こえのよいものにしている」というようなケースもあるでしょう。
しかし「ただの会社員なのに会社役員」と言っていたり、年収を1.5倍くらいに設定して、たんなる嘘をついている場合もあります。

もし年収や職業を盛っていないか、不安に感じたら、仕事内容について質問してみましょう。
その内容があいまいだったり、怪しいと感じたりしたなら、盛っていることを疑ったほうがよいかもしれません。

また「普段、どんな暮らしをしているか?」を聞いてみるのもよいでしょう。
暮らしぶりが年収や職業とズレているなら、大きな嘘をついている、盛っている可能性が高くなります。

ただ、一番有力な解決法としては「年収や職業の証明を提出する仕組みがあるマッチングアプリを利用する」ということ。
たとえば東カレデートでは、年収1,000万円以上の男性ユーザーが年収証明書を任意で提出できる仕組みがあるのです。
そして、年収や職業の証明書を提出している人には、それが分かるマークを表示させたりしています。

そういったマークが出ているなら「年収や職業について嘘はついていないだろう」と分かるわけです。
これなら、年収や職業を盛っているハイスペ男の嘘に騙されることはありません。

年収や職業を盛っている人の嘘をしっかり見抜き、本物のハイスペックと出会えるようにしましょう。

既婚者を見抜く

ハイスペック向けマッチングアプリでは、すでに結婚している人が現れることもあります。
「まだ独身」という嘘をついているわけですね。

既婚者は、下手すればこちらが訴えられる原因になる相手で、たいへん迷惑な存在です。
自分の身を守る意味でも、既婚者はある程度見抜けるようにしておかないといけません。

既婚者を見抜くのはかなり難しいですが、最低限、以下のような点は知っておくとよいでしょう。

  • 平日の夜に、電話ができるかどうか(家族と過ごす必要があれば、電話できない)
  • 左手薬指に、結婚指輪の跡があるかないか
  • 本名やフルネームを教えてくれるか、名刺などを見せてくれるか
  • 実家住まいか、一人暮らしか(実家住まいだと、実は家族と暮らしている可能性)
  • FacebookやTwitterのアカウントを教えてくれるか(結婚したことがわかる投稿を隠そうとしていないか)

特に「平日の夜に電話ができない、出られない」となると、既婚者の可能性は高いと言えるでしょう。
もちろん仕事の場合もあるでしょうが、既婚者だと家族がいる中で、女性ユーザーと電話できません。

FacebookやTwitterのアカウントについては、既婚者ではなくとも教えてくれないケースが多いものです。
ただし、仲良くなって「明らかに教えても大丈夫」というタイミングで教えてくれないなら、それを見られると結婚しているのがバレてしまうのかもしれません。

もし「既婚者かもしれない」という不安が出てきたら、上記のような部分をチェックしてみましょう。
また、どれだけハイスペックで魅力的な男性ユーザーだったとしても、既婚者ならば近寄ってはいけません。

先ほども触れたとおり、自分が訴えられたりする可能性があります。
「独身というのは嘘で、既婚者である」とわかったら、すぐ関係を断ち切るようにしてください。

見た目をチェックする

ハイスペック向けマッチングアプリに限った話ではありませんが、見た目を盛る怪しいハイスペ男も存在します。
たとえば、以下のような方法で盛っているケースがあるのです。
いわゆる「写真詐欺」というものですね。

  • 美白などの加工をかけている
  • マスクやスタンプなどで、顔の一部分を隠している/プリクラの写真を載せている
  • 角度で、イケメンに見せている
  • 髪で、顔をわかりづらくしている

こういった方法で、見た目で嘘をつく男性ユーザーはいるもの。
盛ったプロフィール写真を真に受けてしまうと、会ったときに大きなギャップを感じてしまうかもしれません。

「見た目を盛っていないか確かめたい」と思ったら、他の写真を送ってもらうとよいでしょう。
すると、だいたいプロフィール写真ほど盛っていない写真が送られてきます。
その写真を見て、判断するとよいでしょう。
ただし、新しい写真にも加工をかけてくる場合もあるので注意してください。

ただし、節度ある範囲で「自分を魅力的に見せる」というのは、マッチングアプリでは普通のことです。
女性ユーザーの場合、ある程度「加工しておきたい」と思うことがありますが、男性ユーザーにも「加工して、自分を格好よく見せたい」という気持ちはあります。
多少加工している程度なら、気にしないようにしましょう。

遊び目的のハイスペック男の見極め方

残念ながらハイスペック向けマッチングアプリには、遊び目的の男性ユーザーも多く存在します。
女性ユーザーからすれば、やっかいな存在ですよね。
ハイスペ向けマッチングアプリを利用するうえでは、遊び目的のハイスペ男を見極めて、会うべき人とだけ会うのがポイントとなります。

遊び目的のハイスペ男の特徴としては、以下が挙げられるでしょう。

  • すぐ会いたがる+LINE IDを交換したがる
  • 夜遅い時間に会いたがる
  • お酒を飲むことにこだわってくる
  • 個室など、二人きりになれる場所へ行きたがる
  • 見た目ばかり褒めてくる
  • 自己紹介文がいい加減
  • お金持ちアピールばかりしている

もちろん、まともなハイスペック男性でも、上記の特徴に当てはまることはあります。
ただし、上記の特徴にいくつも当てはまる、ということがあれば、遊び目的であると考えるのがよいでしょう。
それぞれの特徴について、下記ではもう少し詳しく解説します。

すぐに会いたがる、LINE ID交換したがる

遊び目的のハイスペ男は、LINE IDを交換したがるし、すぐに会いたがります。
なぜなら、早く会ってワンナイトラブに持ち込みたいからですね。

たとえばメッセージが始まって二言目には、

  • LINE ID交換しようよ!
  • どっか飲みに行こう〜
  • 会って話したいな

というようなことを言ってくる人がいます。

こういった男性たちは、高い確率で遊び目的だと考えて問題ありません。
何人にも同じようなことを言って、誰かが引っかかるまで粘る、という方法を取っている事も考えられます。

「遊ばれても良いからスペックが高い人と会いたい!」と思わない限り、深くかかわらないことをおすすめします。

夜遅くに会いたがる

遊び目的のハイスペ男は、何かと夜に会いたがる傾向があります。
夜のほうが、ワンナイトラブしやすいからですね。
「この人、夜に会うことにこだわっているな」と感じたら、遊び目的であると判断しましょう。

もちろん、真剣に恋愛や結婚を考えている人も、仕事の都合上、夜にしか会えないケースがあります。
夜に会いたがるのではなく、「夜にしか会えない人もいる」ということは、忘れないようにしましょう。

心配なら、「最初は怖いので、昼間に会いたい」と言っておけばOKです。

お酒を飲むことに必要以上にこだわってくる

遊び目的の男は、高い確率でお酒を飲むことにこだわってきます。
お酒の勢いでワンナイトラブできないかと、考えているわけですね。

もちろん、マッチングアプリで出会ってお酒を飲みに行くというのは、決して珍しい話ではありません。
まともな男性ユーザーも、多くは「まずはお酒でも」と考えているでしょう(あわよくば、という考えもあるかもしれませんが)。

ただし遊びしか考えていない男は、こちらが「最初からお酒はイヤ」と言っても、お酒を飲むことにこだわります。
そういった素振りがあるなら、遊び目的の男と判断し、かかわらないようにしましょう。

また「好きなだけ飲んでね」といった形で、飲ませようとしてくる男性ユーザーにも要注意。

二人きりになる場所へ行きたがる

遊び目的のハイスペ男は、二人きりになる場所へ行きたがります。
二人きりになれば、うまくワンナイトラブへ持ち込めると考えているわけですね。

具体的には、

  • ドライブデート
  • カラオケ
  • 個室の居酒屋

などを好みます。

こういった提案をしてきたら、「この人は遊び目的だ」と考えて問題ありません。
ひどいときは、いきなり「ラブホテルへ行こう」と提案してくるケースも。

また、実際二人きりになると、少し強引なやり方で迫ってくることもあります。
こんな状況にならないように、じゅうぶん注意しましょう。
遊ばれたくない、強引に持ち込まれたくないなら、二人きりになるのは信頼できる相手だけにしたいところです。

見た目ばかりを褒めてくる

見た目ばかり褒めてくる場合も結論「遊び目的だ」と考えたほうがよいでしょう。
遊び目的の男は、将来的なことや具体的な事を考えないので、見た目にしか興味がありません。

見た目を褒めておけば、相手は喜ぶとも考えています。

もし見た目ばかりをやたらと褒めてくるのであれば、かなり怪しい男です。
やたら褒めちぎってくるなら、遊び目的であることを前提として考えておきましょう。

ただし、女性の心が分かっている遊び人もいますのであくまでも足切りラインの一つと考えておきましょう

自己紹介文がいい加減

自己紹介文がいい加減な人にも、注意したほうがよいでしょう。
自己紹介文をいい加減に書く男性は遊び目的の可能性が高いです。

マッチングアプリで真剣な出会いを考えていないので、大して書くこともないのです。
もし、真面目に恋愛、結婚することを考えているなら、趣味や価値観など、いろいろなことを書いているはず。
しかしそうではないなら、「とりあえず遊び目的でやっている」と判断して問題ありません。
かんたんな挨拶や自己紹介しか書いていないなら、基本的には近寄らないようにしましょう。

お金持ちアピールばかりしている

お金持ちアピールばかりしている人も、注意したほうがよいでしょう。
お金持ちアピールばかりする人は「お金持ちであることを見せつけて、ワンナイトラブしてやろう」と考えています。

もちろん、お金持ちをアピールすることは、ある程度当たり前のことです。
しかし、もし真面目に恋愛や結婚を考えている場合、お金持ちアピールばかりではないはず。

内面的な部分や、希望する恋愛についても、ある程度は書いているでしょう。
しかしそういった文章よりも、露骨なお金持ちアピールばかりが目についたなら「遊び目的」の可能性が高いです。

ハイスペック男子の基準とは?

ハイスペック男子の基準は、本当に人それぞれです。
「これがハイスペ!」という決まりごとがあるわけではありません。

ただ、多くの人にとって共通しているのは、

  • 年収が高い
  • 見た目がよい(イケメン、おしゃれ、清潔感がある、高身長など)

といったところが挙げられるでしょう。

まず、年収が高いのは共通のポイントだと言えます。
「いくらからが高い年収なのか」というのは、もちろんその人の価値観や年齢で左右されるでしょう。
ただ、年収1,000万円という数字が一つの基準点となりそうです。

そのうえで見た目がよければ、とりあえず「ハイスペックな男性ユーザー」だと呼んでよいでしょう。

そのほかにも、以下のような条件でハイスペかどうかを判断する人もいます。

  • 入るのが難しい、有名な企業に勤めている
  • 社会的地位が高い(名のしれてる会社の経営者、会社役員。医者など)
  • 頭がよく、知性を持っている

女性の中には、年収というよりも「企業名でハイスペックかどうかを考える」タイプの人もいるでしょう。
これは、「フェリ恋」という企業名で男性ユーザーをランク付けするマッチングアプリが流行っていることからも、ある程度わかります。
特に「博報堂」や「電通」などの企業名を聞くと、テンションが上がる女性もいるでしょう。

また、企業名ではなく社会的地位が高いことをハイスペの条件として考えることも。
つまり経営者や役員、あるいは医師や弁護士などですね。
すご具たかい能力がなければ選べない仕事をしているというのは、ハイスペックな男性だと言って問題ないでしょう。
もちろん医師や弁護士は、普通の仕事と比べて高年収です。

また、根本的に「頭がよく、知性を持っている」というのも重要です。
頭がよい人が、よい企業に入ったり、業績を残したりして、高年収を稼ぐ傾向にあるのは事実。
ちなみに「頭がよい=IQが高い」と考えるなら、IQが高ければ高いほど年収が高くなるそうです。

IQが高いとは、ものごとを理屈立てて考える能力が高い、ということ。
もちろん仕事ではそういった能力が高ければ有利なので、年収の高い仕事を選べるようになります。
だからハイスペ男の条件としては、頭がよくて知性があるという点も挙げられるでしょう。

ただし、頭がよければハイスペック、と言えるわけではありません。
「この人、頭がいいな」と思った人が、普通の仕事をしていることもあります。
もちろん、「頭は普通かな?」と感じた人が、ものすごく高いスペックを持っていることもあるでしょう。

広告 放置少女 さあ、今すぐ放置少女の世界へ飛び込もう!

まとめ

ハイスペック向けマッチングアプリは、数多く存在します。
しかし、適当なものを使っていては、なかなかハイスペックな男性とは出会えません。
中にはハイスペック向けマッチングアプリといいつつ、ごくごく普通の男性ユーザーばかりがいるケースもあります。

ただ、本記事では紹介したマッチングアプリは、いずれもハイスペックな男性ユーザーと出会えると言われているものです。
もし「ハイスペと出会いたい」と思うなら、今回紹介したものの中から、いくつかインストールしておくとよいでしょう。

ただしハイスペック向けマッチングアプリでは、嘘をついている怪しいハイスペ男もいます。
こういった人を、しっかり見抜けるように意識しておきましょう。

また、遊び目的でマッチングアプリを利用している男性ユーザーも多いものです。
遊び目的かどうかをしっかり判断し、誠実な男性ユーザーと出会えるように、注意してください。

# # # # # #

ENCOUNTER PARTY

エンカウンターパーティーは、ハイスぺ男子と恋活女子のリアルな出会いの場。
東京都内にて毎週毎月開催。
開催スケジュールはこちらから↓
ハイステータスパーティー ENCOUNTER

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事

EVENT PHOTO

ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY