【コロナでも大丈夫】Pairs(ペアーズ)の「ビデオデート」機能・コツを全解説 | ハイステータスパーティー 婚活・街コン ワンランク上の出会い『An ENCOUNTER』
ハイスぺ恋愛コラムTOP > 【コロナでも大丈夫】Pairs(ペアーズ)の「ビデオデート」機能・コツを全解説

【コロナでも大丈夫】Pairs(ペアーズ)の「ビデオデート」機能・コツを全解説

#

ハイステータスパーティー コラム 出会い

新型コロナウイルスの騒動により、Pairsから「ビデオデート」機能がリリースされました。

今注目されている、自宅にいながらビデオチャットなどの機能を利用してデートできる「オンラインデート」。このビデオデートのPairs独自の名前が「ビデオデート」と言うわけです。

結論から言うと、今の時代ではとても役立つ機能です。

「コロナウイルスのせいで、デートができない!」
「この騒動の中でも、異性ユーザーと出会いたい!」

と考えている人には、うってつけの機能に仕上がっています。

とはいえ、ビデオデート機能は、2020年4月にリリースされたばかり。
ビデオデート機能について深く知っている人は、ほとんどいないでしょう。

本記事では、ビデオデート機能の概要や、活用方法について解説します。
ビデオデートをする前に、ぜひ一度目をとおしておいてください。

 

Pairsのビデオデート(オンラインデート)とは?

Pairsのビデオデートとは、「Pairs上において、異性ユーザーと画面上でやりとりできる」というものです。

もちろん、実際に顔を合わせて話すことも可能です。
さらにPairs上の回線を利用するので、何らかの個人情報を公開する必要もありません。

新型コロナウイルス騒動の中では、もっとも異性ユーザーに近づける、とても魅力的な機能です。
すでに多くのユーザーが利用しており、高評価を受けています。

ビデオデートの仕様

ビデオデートの細かい仕様は、以下のようになっています。

・初回のビデオデートは、15分までの時間制限付き
・2回目移行は、1時間以上連続して接続できる
・トータルで1日3時間までの接続
・累積した接続時間は、毎日午前4時にリセット
・待機時間は40秒まで
・1体1での接続のみ

初回は15分の接続なので、顔合わせ程度、といったところ。
相性が合わない相手と、ダラダラと話す懸念はなくなります。

1日3時間までの接続という制限はありますが、むしろ十分すぎるくらいでしょう。

ビデオデートのセキュリティ

ビデオデートのセキュリティは、かなり厳しくなっています。
基本的に全てのビデオデートは、運営が監視しています。
かなり安心して利用できるでしょう。

ちなみにわいせつな映像が流れた場合、運営がビデオデートを強制終了する場合があります。
「わいせつな言動」についても同様です。

ビデオデートの条件

ただしビデオデートをするには、いくつかの条件をクリアする必要があります。
条件は以下の4つです。

・マッチングしている男女同士である
・男性ユーザー側が、有料会員になっている
・女性ユーザー側が、年齢確認を完了している
・メッセージで3往復以上のやりとりをしている(相手が3通、自分も3通)

以上の条件をクリアしていれば、ビデオデートができるようになります。

いずれもさほど厳しい条件ではありません。
基本的にマッチングしてメッセージする関係性であれば、問題ありません。

ただし3通やりとりして、すぐにビデオデートへ移行するのは危険です。

相手がどんな人なのか、3通ではわからない可能性が高いです。
3通とは言わず、数十通はやりとりしてみましょう。

広告 BIGO LIVE あなたも今すぐ配信しようよ ユーザー数3億人突破
ダウンロード

Pairsのビデオデート(オンラインデート)を使うメリット

筆者は実際に、ビデオデートを使ったことがあります。
その経験からわかったメリットについて解説します。

純粋に楽しい

個人的には、ビデオデートは楽しかったです。
新型コロナウイルス騒動により、誰かと会うことさえ難しい中で、久しぶりに女の子と喋れました。

基本的に相手も「喋りたくてしょうがない」状態なので、自然と会話も弾むでしょう。
ただし会話が弾みやすいのは、新型コロナウイルスの騒動中だから、という部分もあります。
騒動が終わった後は、会話を盛り上げるために、また違ったアプローチが必要となるでしょう。

相手のことをよく知れる

また、相手のことをよく知れるというのも、大きなメリットです。

今までは実際に会うまで、相手のことを深く知る方法は限られていました。
せいぜい電話で相手の声を聞くのが精一杯で、実査に会ってギャップを感じるということも。
(中にはZoomなどでやりとりしていた人もいるでしょうが、極めて少数派でしょう)

しかしビデオデートをすることで、相手の「雰囲気・人柄・性格」などが、相当つかみやすくなりました。

新型コロナウイルス騒動が収まったあとも、デートやLINE ID交換をする前には、重宝するでしょう。

今から関係性を作っておける

新型コロナウイルス騒動の最中でも、関係性を作れるのも魅力的。
ビデオデートをフル活用すれば、騒動が収まったあとに、デートの約束も取り付けられるでしょう。
今からたくさんの異性ユーザーと約束をしておいて、騒動後にいろんな人とデートする、というような方法もあります。

会いたいと思えるか、判断できる

「相手のことをよく知れる」ことと少し被りますが、「この人と会いたいと思えるか?」が、より正確に判断できます。
先ほども触れたとおり、実際にデートで待ち合わせると、意外なギャップを感じたりすることが多々あります。

しかしビデオデートで話してれば、「この人と会いたいか」というのは、はっきりとわかるでしょう。
特に「画像加工をしている」ことが見抜けるのはメリット。
素顔を確認して、本来はどんな容姿なのか、確認できます。

したがってビデオデートがあれば、興味のない異性ユーザーとデートする羽目になる、というようなことも減らせるはずです。

 

Pairsのビデオデートを使う上での注意点

一方で、注意点もあります。
以下のような注意点があるということは、理解しておいてください。

回線が不安定

残念ながらPairsの回線は、少し不安定です。
時間帯や天候によっては、不具合が出てきます。
具体的には、

音声が飛ぶ
音声が遅れて聞こえてくる
画面が一瞬フリーズする

というような現象が起こります。
あまりにも不安定だと、会話そのものを楽しめないかもしれません。

不安定な接続を避けるには、

Wi-Fi回線を利用する
天候が悪い日は避ける
回線が混雑する時間帯(夜19:00-24:00あたり)を避ける

といった対策が有効です。

 

逆にチャンスが減るかもしれない

また、ビデオデートをすることで、出会いのチャンスが減るという懸念もあります。
なぜならビデオデートで、悪印象を持たれてしまうかもしれないから。

そもそもビデオで知らない人と話すことに慣れている人は少ないでしょう。
たいていの人は、「最近になってようやく『Zoom』を使い始めた」というような状況のはずです。

だからこそビデオデートでうまく会話できず、印象を落としてしまうという可能性が考えられるわけです。
できるだけビデオデートに慣れて、うまくコミュニケーションが取れるようにしましょう。
そうすれば、逆にチャンスが減ってしまうということは、ある程度避けられるはずです。

 

Pairsのビデオデートに参加するための環境について

ビデオデートに参加するには、iPhoneおよびAndroid端末が必要です。
また、OSも最新バージョンでなければいけません。
もしビデオデート機能がうまく立ち上がらないときは、一度アップデートしてみましょう。
また、Pair自体も、最新バージョンまで更新しておく必要があります。

とはいえ、最近の機種を使っているのであれば基本的には問題ありません。
たいていの端末が、ビデオデートに対応しているはずです。

ちなみにWEB(パソコン版)は、2020年6月現在で「配信予定」となっています。

 

Pairsのビデオデートを使うときに、気を付けること

上記のとおりビデオデートは、かなり便利な機能です。
ただし「映像を流す」ということには、いくつかの注意点もあります。

安易に顔出ししない

基本的に顔出しは、安易にはしないことをおすすめします。
特に女性の場合は要注意です。
なぜなら、プライバシー上の問題があるからです。

映像で顔出ししているのと、写真を掲載しているのとでは、プライバシー上のリスクはまったく違います。
映像を元にして、「特定」されてしまう(身バレする)かもしれません。

ビデオデートとほぼ同一形態である、「チャットレディ」というサービスがあります。
画面越しで男女が会話するというものです。

チャットレディ業界では、「顔を元に、女性側が特定される」という現象が問題になっています。
そこからストーカー被害や、情報の拡散による風評被害などが出ています。
同じようなことが起こらないよう、顔出しするかしないかは、よく考えましょう。

余計な情報を出さない

また、個人情報をはじめたとした、余計な情報も出さないようにしましょう。
なぜなら、個人情報も身バレの原因となるからです。

具体的には、

・本名
・勤務先名
・大学名
・学部名
・住んでいる場所

などは、原則言わないようにしましょう。

また、「映像に映り込むもの」にも注意しましょう。
プライバシーに関わるものは、遠ざけた状態で接続することが大切です。

 

不適切だと思われるようなことはしない

先ほども触れましたが、「不適切な映像」が映り込むと、ビデオデートは強制終了させられる恐れがあります。
当たり前ですが、間違ってもわいせつな映像を流してはいけません。

その他、言動にも注意しましょう。
明確に「不適切な言動があれば強制終了となる」というルールはありません。

ただ、運営は、そういった言動は決して歓迎しないでしょう。
したがって何らかのペナルティを受けるかもしれません。

ビデオデートの相手が、録音や録画をしている場合もあります。
不適切なことをしている様子が、データとして残ってしまうと大変です。
ビデオチャット中の振る舞いには、じゅうぶん注意しましょう。

 

Pairsのビデオデート(オンラインデート)のやり方

ハイステータスパーティー コラム 出会い

Pairsのビデオデートのやり方は、以下のとおりです。

1,まず、画面右上にある「ビデオアイコン」をタップします。

ハイステータスパーティー コラム 出会い

2,その後、ポップアップで表示される3点の注意事項について同意。

ハイステータスパーティー コラム 出会い

3,デートルームを作成し、相手がビデオアイコンをタップすると、接続が始まります。

ハイステータスパーティー コラム 出会い

Pairsのビデオデートで活用できるテクニックとは?誘い方

ビデオデートの概要は、以上です。
とはいえ、「ビデオデートをうまく活用する方法がわからない」という人も多いでしょう。

下記では、ビデオデートで使えるテクニックについて解説します。
ぜひ、参考にしてください。

ビデオデートに誘う方法

まずは、ビデオデートに誘うための、自然な流れを紹介します。
誘うフレーズとしては、「ビデオで話そうよ」というようなフレーズでOK。
シンプルな言い方で構いません。

「オンラインデートしよう」や「リモート会話しよう」なども同じ意味ですが、変な重たさがあります。
相手からすると気軽に応じれなくなるので、使わないようにしましょう。

問題は日程と時間帯です。
なぜならビデオデートをするには、それなりの準備が必要だから。
女性ユーザーの場合、化粧やヘアメイクも欠かせないでしょう。

準備する時間を用意する意味でも、数日後に指定するのがおすすめ。
いきなりビデオデートをしようと言って、同意してもらえることはまずありません。

日程を提案するときは、「ふたつの日程を示す」のがおすすめ。
これはダブルバインド(誤前提暗示)と言って、大変強力なトーク術です。
そもそも「ビデオデートをやるかやらないか」という選択肢を無視して、「いつビデオデートするか」と言うことを考えさせられます。

時間帯については、できれば回線が混雑する夜間は避けたいところ。
休みの日の日中がベストになるでしょう。
それがダメだったら夜間に、というスタンスがおすすめです。

 

背景に気を配ろう

ビデオデート中に映る背景も重要です。
なぜなら背景で、自分自身の印象は大きく左右されるからです。

できるだけ清潔感のある背景を映すようにしましょう。
迷ったら、「壁」をバックにするのおがおすすめ。
もちろんに「壁」以上によい背景があるなら、それを映すのもよいでしょう。

散らかった机など、余計な生活感を映すのはおすすめできません。
背景にも気を配り、清潔感を演出しましょう。

 

スマートフォンのカメラの位置を調整

スマートフォンのカメラの角度は、自分の目線よりも上に置くのがよいです。
なぜなら上目遣いになって、映りがよくなるから。

女性の場合は、目が大きく見えて、より可愛く見えるはずです。
男性の場合は、「彫り」がくっきりと出て、凛々しい表情になります。
逆に目線よりも逆側から撮ると、「あごのライン」が出てしまいます。

自分の目線よりも高い位置にカメラを置いて、より魅力的な自分を演出しましょう。
スマートフォンを固定するアイテムがあると、より便利です。

似たような理由で、光の方向を工夫するという方法もあります。
余裕があれば、調整してみてください。

何も食べない

ビデオデート中は、何も食べないのがおすすめです。
なぜなら、何かを食べていると、「食べ物を噛む音」が入ってしまうから。

マイクは、「食べ物を噛む音」を律儀に拾ってしまいます。
度が過ぎると、「食べ方が不愉快」だと思われてしまわれるかもしれません。

ビデオデート中には、何も食べないようにしましょう。
飲み物を飲むのは、おそらく問題ないでしょう。

話題を用意しておく

ビデオデートでは、話題を用意しておくのが重要です。
なぜなら話題がないと、うまく喋りづらいからです。

ビデオデートは、リアルデートとは違い、「共通の話題」が少なくなります。
たとえば周りにあるものや出てくる料理は、話題として使えません。
だからこそ、話題については、あらかじめ多めに用意しておく必要があります。

また、先ほども触れましたがビデオデートは勝手がわかりづらく、何も準備していないと言葉に詰まります。

しかし話題を用意しておけば、ある程度うまく会話できるはずです。

ちゃんとオシャレをする

「ビデオ」デートとはいえ、オシャレは重要です。
女性は自然にオシャレをするでしょうが、男性は意外と無防備だったりするはず。
自分を魅力的に演出するため、男性も、ちゃんとしたオシャレはしておきましょう。

とはいえ、全身をコーディネートする必要はありません。
以下のようなポイントをおさえておくとよいでしょう。

・髪型はきちんと整える
・ひげや産毛は剃っておく
・眉毛も整えておく
・できれば外へ出る格好のトップスを着る
・必要ならネックレスなどもつける

というようなことができていれば、それなりに印象はよくなるはずです。
逆に、「無精ひげ」や「適当な部屋着」などはおすすめできません。
やや不潔な印象を与えてしまうからです。

男性も油断せずに、しっかりとオシャレをしておきましょう。

広告 放置少女 さあ、今すぐ放置少女の世界へ飛び込もう!
ダウンロード

まとめ

Pairsのビデオデートは、新型コロナウイルスでも出会いのチャンスを作れる、とても魅力的な機能です。
Pairsを利用している人は、ぜひ活用しましょう。
今のうちに関係性を広げておけば、新型コロナウイルス騒動後に楽しい時期が過ごせるかもしれません。

ただし、「自分の様子を映像で発信する」ということには、リスクも伴います。
自分自身を守ためにも、慎重に運用しましょう。

#

ENCOUNTER PARTY

エンカウンターパーティーは、ハイスぺ男子と恋活女子のリアルな出会いの場。
東京都内にて毎週毎月開催。
開催スケジュールはこちらから↓
ハイステータスパーティー ENCOUNTER

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事

EVENT PHOTO

ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY