弁護士男性の落とし穴!?会話から見え隠れするダメ男ぶりとは | ハイステータスパーティー 婚活・街コン ワンランク上の出会い『An ENCOUNTER』
ハイスぺ恋愛コラムTOP > 弁護士男性の落とし穴!?会話から見え隠れするダメ男ぶりとは

弁護士男性の落とし穴!?会話から見え隠れするダメ男ぶりとは

ハイステータスパーティー コラム 出会い

勤勉で正義感が強く、おまけに高収入なイメージのある弁護士。平均年収は1025万円以上といわれており、「高収入の男性と結婚したい!」という女性からの人気も高い職業になっています。
「勤勉で正義感が強くて高収入だなんて完璧じゃん!」という声が聞こえてきそうですが、あまりにもそのイメージに固執してしまうと、いざ弁護士男性との出会いを果たしたときに「なんかイメージと違う」とガッカリしてしまうことも。
本記事では世間が抱く弁護士男性のイメージと、筆者が相席屋で出会った弁護士男性とのエピソードについてお伝えしたいと思います。

 

世間が抱く弁護士のイメージ

ハイステータスパーティー コラム 出会い

まずは、世間が抱く弁護士のイメージをざっとおさらいしてみましょう。
恋活や婚活の観点から見ると、弁護士がいかに理想的な職業であるかが浮き彫りとなってきます。
あなたも知的で正義感の強い弁護士男性と出会いたくなること間違いなしです!

 

頭がいい

弁護士に対するイメージとしてまず挙げられるのは、「弁護士って頭がよさそう」というもの。
弁護士になるには司法試験に合格する必要がありますし、司法試験というのは受験資格を得ることすら容易ではありません。
弁護士になるために猛勉強をする勤勉さや、法律のプロであるという知的なイメージは魅力的ですよね。

正義感が強い

法律に則って仕事をする姿はもちろん、依頼人を救うために膨大な時間と労力を使って闘うその姿は、正義感に溢れていてかっこいいですよね。
テレビドラマでも、逆境に屈することなく依頼人のために諦めずに闘う弁護士の姿や、法廷で堂々とした態度で被告人の弁護を行う姿が描かれることが多く、その影響も相まって「弁護士は正義感が強くてかっこいい!」というイメージが浸透しているのかもしれません。

高収入

冒頭でも申し上げたように、「弁護士=高収入」というイメージを持っている人も多いです。
実際に弁護士の平均年収は1025万円以上と言われており、これは「専業主婦になるために必要とされる夫の年収」である700万円を大きく上回る金額となっています。
どこに住むのか、子供は何人育てるかによっても必要な金額は多少前後しますが、専業主婦になりたいという女性にとっては、弁護士男性との結婚は魅力的ですよね。

 

ダメ男疑惑?相席屋で出会った弁護士

ハイステータスパーティー コラム 出会い

しかし当然のことながら、全ての弁護士が知的で正義感の強いパーフェクトヒューマンというわけではありません。
ときには、その知性と正義感が裏目に出てしまうなんてことも。
ここからは、筆者が相席屋で出会った「なんかイメージと違う」弁護士とのエピソードをご紹介します。

 

勤勉で正義感の強いイメージはどこへ

その日、筆者は友人と2人で相席屋に繰り出していました。当時恋活真っ最中だったため、同じ席に着いた男性2人のうち、1人が弁護士の仕事をしていると知り一気にテンションアップ。
しかしその弁護士男性の学生時代のエピソードを聞くと、「たいして勉強なんかしてなかった」、「学生の頃はバイトをさぼりまくってそのまま無断で辞めたこともある」とのこと。
勉強のことは謙遜して言っているのかもしれませんが、アルバイトに対する姿勢の悪さには筆者も苦笑い。

さらに学生時代のエピソードは続き、「カラオケ店でぼったくられそうになったので、法学部の友人達と一緒に店員をこらしめてやった」ときのお話に。

一見正義感に溢れたエピソードですが、「こっちが『おたくのやってることは〇〇という法律を犯す行為で~』って言ったら店員も言い返せなくなってさ~」というような話し方に、なんだか知識をひけらかされているようでイラッとしてしまう筆者。友人も隣でひきつった笑顔を浮かべていました。

人間の数だけ性格もまた同じ数存在する

もちろん弁護士資格試験に性格の審査はありません(あったらそれはそれで嬉しい)。長年司法試験で勉学を頑張り最難関である司法試験合格できた人が、なんか性格悪い、、場合はこういう特徴になるんだろうかと実感をしたのでした。

まとめ

ハイステータスパーティー コラム 出会い

結局その彼とは二度と会うことはありませんでしたが、同じく弁護士をしている学生時代の後輩にこのことを話すと、「いやぁ~災難ですね!」と大笑いされてしまいました。

彼曰く、「友達に『会社で不当な扱いを受けて……』とか相談されたらそりゃあ法律の話も交えながらアドバイスをすることもありますけど、性格は千差万別ですからね」。と。

実際、その後輩は友人間で「気配り王子」と呼ばれるほど気配りのできる好青年で、「そうだよね、あなたみたいな素敵な男性もいるわけだもんね」とホッとする筆者。

1度は弁護士男性に対して「イメージと違う!」と腹を立てもしましたがそう言う人もまあいるという事で、友人からの法律に関する相談にも親身になって乗ってあげるような男性が多いようです。
後輩のおかげで、勤勉で正義感が強く、おまけに高収入な弁護士男性はやっぱり魅力的だな、と再確認することができたのでした。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事

EVENT PHOTO

ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY
ハイステータスパーティー 街コン婚活 恋活スナップ画像
HIGHSTATUS PARTY